せめて目的一つ固めてから、利点欠点を探す(人の話を頼りに欠点っぽいものを探さない)

▼▼物事の性質は目的によって利点にも欠点にもなりうる。語りうる。ゆえに、目的が曖昧なままだと欠点を挙げるのも思いのままだ。欠点ばかりあげつらうのも容易となるだろう。▼▼って状況があると思うので──。▼▼明確な目的を決めないまま──譲れない枠組みやポイントを定めてしまわないまま、経験則や経験談から欠点と「言われがち」なものを探してあげつらう──実経験および聞いた話を使って欠点なき性質を探す、なんて無謀をやり始めると、決められなくなって地獄化するな、と反省した。
▼▼制約があったほうがアイデアが浮かびやすい、っていうのに似てるのかな。▼▼まあせめて一つ「絶対に譲歩しないぜ……!」ってところを定めていると、ここが起点なり軸足なり枠組みなりになって、次の一歩が探しやすくなる。