狭さと特別感

▼▼今そこにある文脈が、じぶんには(じぶんだけには)、判る、というような感覚、滅茶苦茶気持ちよいのだよなー(なので、快楽に溺れてしまう感じで、正直逃れにくいんだよね)(いやでも、そもそも逃れたほうがよいのか?)(じぶんだけには判る、と思えるほどの、独自の、独特な、文脈、ってさ、結局のところ、その人の特別さの支柱っていうか、下地なり背景なりに、やっぱなってる、だから大切、みたいに言ってみることもできるんじゃないの)(うーん、そうか、えっと、だから、そこで、気取るようにしてドヤ顔や優越感に浸ってちゃ駄目、みたいな話じゃない?)(そういう話をするなら、ドヤ顔や優越感の問題、とすべきでは?)(あと、優越感に浸らない、っていうのも、なんか、無理がある気がするっていうか、まあ浸りすぎないように、みたいな過剰さのことだと思うんだけど、表に出さないほうがよい、思ってるだけならご自由に、っていうような側面もあると思うし、このへんごちゃごちゃだよね)(えーと、そもそもそういう話だっけ?)(お笑いでも日記でも、いやそれ俺は判るけどさー(にこにこ)、みたいな感覚があると、面白さが倍増しちゃうよね、みたいな話、ではあったかな……)(それってさー、結局、倍増させたくないぞって話なの? 倍増したら駄目だぞ(倍増することは悪? あるいは害?)って話なの? 倍増することはしょうがないにせよ、多少どうにかしたい、制御したい?って感じなの?)っていうような思考の流れ、わりと頻繁に持つなあ、っていうか、このあたりをおそるおそる歩いている印象がある、かな。