世界みたいに見える

▼▼物語世界は、現実世界のひとかけらが投影されただけのものであって、つまり、一部のみが再現されている、というふうに見るのがよさそう、って思えた。▼▼でもって、一部が再現されているというだけで──再現された一部を観測したというだけで、人の妄想技能は勝手に駆動を始めてしまい、世界ぜんぶが存在するかのように、解釈し、認識してしまう。見做してしまう。構築してしまう。
▼▼という「言葉や絵による、世界の種」が脳内で発芽する瞬間、みたいなところは、面白いな、と思った。▼▼どんな物語も世界みたいに見える。変なの、ってまず思った。世界みたいに見えるってなんだろう、というのも思った。