成功と失敗

▼▼正しさと誤り、という線引きは、けっこう素直に疑える。絶対的な正しさなんてないのだー、というような言葉が示すところは好きだ。無効化させるのに違和感がない。正義と悪、ないし、善と悪、にも同様の感覚がある。真実、本当、あたりも疑える。というふうに考えていて、似たところで(同じような背景を持っていそうなところで)、成功と失敗、というのは疑いにくく思ってるなー、ということに気づいた。完全と不完全、が中間くらいだろうか。成功と失敗という言葉を使う時の検証というか注意というか配慮というか「気をつけてる具合」が妙に甘い、というのはあるのだった。