性癖と性的嗜好

▼▼性癖と性的嗜好は違う……、混同や誤用が増えてるけど……。▼▼というような認識はあって、性的嗜好という意味や文脈で「性癖」が使われてるのを見るたびに、違和や不満を覚えてたりもしたのだけど──現状でも少し覚えるところはあるのだけど、でも、最近、性的嗜好っていう意味合いで「性癖」が使われてるのを見かけた時に、特に違和や不満を抱くことなく、むしろ気づくことなく自然に読み取っちゃってた瞬間があって、なんか慣れちゃった……! と思ったりした。▼▼言葉の誤用話題が好きなせいか、一回認識した誤用に「慣れちゃった」ことってあまりなくて、驚いた。
▼▼性癖って言葉は「性的嗜好」っぽい見栄え過ぎるんだよー、というミス正当化的な文句は浮かんだ。▼▼というか、性質って意味の性、と、性交的な意味合いの性、これ、同じ漢字を使っちゃ駄目なところでしょ……、とはわりと思っている。▼▼近代以前あたりは同一視されてたけど時代とともに分化したのである、とかじゃないよね? ▼▼しかも性的指向って言葉もあるのだよなー。認識こんがらがる。

【性癖】
性癖(せいへき)とは、人間の心理・行動上に現出する癖や偏り、嗜好、傾向、性格。
性癖の語が持つ意味範囲は非常に広いが、個別・具体的な癖というより、その人のパーソナリティに根ざし、生活スタイルを方向づけるような行動傾向を指して用いられるのが本来の用法である。但し近年では下記の誤用(意味の限定)も広まっているため、本来の意味で使用しても読者がそのように受け取るとは限らず、誤解を招きやすい。それゆえ本来この語が持つ意味を言わんとする場合は別の語で言い換えられる傾向にある。ことばの分化、変容の過程をここに見ることができる。
──Wikipedia「性癖」

【性的嗜好】
性的嗜好(せいてきしこう、英語: sexual preference)とは、人間の性的行動において、対象や目的について、その人固有の特徴のある方向性や様式を意味する。すなわち、対象や行動目標において特定の好みやこだわりが存在する場合、何らかの性的嗜好を持つと表現できる。ただし、根本的な対象の性別についての方向性に関しては特に性的指向と呼び、通常は性的嗜好には含めず分けて扱う。
──Wikipedia「性的嗜好」

【性的指向】
性的指向(せいてきしこう)(英: Sexual Orientation)は、いずれの性別を恋愛や性愛の対象とするかをいう、人間の根本的な性傾向のことを指し、性指向ともいう。無意識に形成されるとされ、大きく「異性愛」、「同性愛」、「両性愛」に分類される。性的指向を持たない場合は「無性愛」となり、これを便宜的に性的指向の中に分類する場合もある。

性別以外の性欲に関係する好みを表す性的嗜好とは別である。 両者の混同が見られる一因に、口語の音が同じことが挙げられる。なお、性的志向という言葉はなく、嗜好か指向を表そうとした際の誤りと思われる。
──Wikipedia「性的指向」