サンプル不足ならサンプル不足

▼▼サンプルから全体像を想像してみせることに関しての「適切なサンプリング数」の見積もりで、世界観がかなり変貌しそうだな、って思った。▼▼ってのに合わせて、数学的な「最低限必要なサンプリング数」の算出方法があるのに、「最低限必要なサンプリング数」未満の情報しかない状況で、にもかかわらず、安易に想定しようとしてしまっていることが多々あること、および、不足している時に「適量のサンプルを集めねば」と考える意識が出来ていないこと、の、迂闊さも思った。気づいてなかった。