携帯電話で書くと「さっき書いたか」に目を届きにくくなる

▼▼携帯電話で長文を書こうとすると、言い回しがくどくなったり説明が足りなくなったりしがち、というような話を聞いて、実体験としてもなんとなく判る気がする、って思った。さっき使ったな、とか、さっき書いたっけ、とかが思考しづらくなる。「さっき」に対する見通しが悪くなる印象だ。
▼▼小説をスマホで書いたー、っていう話も見かけたことがあって、小説の文章、現象や風景、描写的な言葉は、確かに、ちょっと書きやすいものなのかも、とも思った。時系列的な描写は「さっき」にあまり目を配らなくても(あんまりリソースを割かなくても)書ける印象がある。


▼▼描写、説明、という言葉の種類を、過不足があるかどうか、過不足の有無に気づくために「さっき」に目を配らないと駄目かどうか、そしてそもそも、過不足という概念が適合するかどうか、っていう物差しで見たことなかったなー、と思ったのだった。
▼▼「さっき」にたいして気を配ることなく「描写じゃない文章」を書いてもよい、という判断もあって、それはそれで好きである。