錯覚嗜好、錯視主義

▼▼錯視画像とか非常に好きだ。似たようなところで、人間が抱いてる幻想や幻覚の話も好きである。▼▼説明を受けて、自覚したあと、なんとか脱せないかな、と頑張ってみる遊びも好き。遊びだけどけっこう真剣に立ち向かう雰囲気の好きさだ。
▼▼日記の主軸を「勘違い的な判断ミスの自覚と修正」というところに置いているかと思うのだけど、こういった日記を書きたがることと、前者の「錯視画像好き!」っていう嗜好、まあ同根なんだろうな、と気づいた。