最初の一文が拡げた空間を、残りの言葉で剪定する

▼▼一行で終わるだろう、と想定して書き始めたのに、爆発的に言葉が追従してきて、ぜんぜん文章が途切れてくれなくなることが、結構ある。終わらなくなる。最初の一行だけじゃ混乱を招きそうだ──誤解を呼びそうだ、っていう雰囲気が漂ってきて、意味を少し制限したくなる、のだ。最初の一行が拡げた空間を、剪定したくなる。
▼▼箸休めになるような日記文章も時々は挟んでみるのがよいだろう、ということを、数回に一回は画策している。が、前述したような、文章爆発、が勝手に起こってくれちゃうせいで、ぜんぜん思い通りにいってなかったりもするのだった。

(間)

▼▼ある単語を文章に混ぜた時に、この単語に対する注釈挟んでおかないと駄目──この単語に関する注釈は一緒に置いておかないと思想面に関して誤解を喰らう確率が出てきそうだ──五分五分で誤解喰らいそうだし、なんてあたりのことを心配してしまって、単語の背景や文脈を整えるために、言葉を足す、ってこともよくしてそう、と思った。▼▼微妙な単語一つが起爆剤になっちゃってることってわりとある、のだった。
▼▼ほら一行じゃ終わらなかった……。