繰り返しの中で、ほんのちょっとずつ、洗練を蓄積してゆく

▼▼慣れて飽きて投げ捨てられたような流行が、すっかり忘れ去られた頃に、改めて「新鮮味を味わえるもの」として、人類の前に立たされる。同じ流行がまたやってくることがある。▼▼ということに対して、同じことの繰り返しなのでは──濁りや澱みだ──人類は足踏みしているだけなのか、なんてふうに思っていたところはあった。
▼▼のだけど。
▼▼再流行の時には、前回の流行の時に行なわれていた「洗練」が、いくらかは混じってくるはずなんじゃない?という気づきが今回はあって(今回まであんまり整理できていなかったようである)──おのれを納得させられたところがあって、あったので、ぜんぜん前に進めていないぞ、濁って澱んで腐ってっているだけなんじゃ、なんてふうに思い詰めなくてもよいだろう、とは思えてきたりはした。
▼▼確かにぐるぐる回ってはいるけれど同じことを繰り返し続けている「ループ」ではなく、わずかであれ高さなどが変わってきている「螺旋」なのである、という説明を聞いたこともあって、この説明に対して、ほんとうに螺旋と見做してよいのかな……? と不安に思っていたところもあったのだけど、今回気づけた「洗練」の蓄積の情景によって、螺旋と見做すことが可能になりそう、って思えたところもあった。