類語凸凹調査遊び

▼▼幸せと幸福じゃあ「福」がついているぶん幸福のほうがプラス具合が強めだ、なんて言ってみせることも可能だろうし、幸せのほうが端的で単純であり純粋とも言えてプラス具合が強めである、と言ってみせることも可能だろう。▼▼という言説とは直接の関係はないのだけれど、幸せだけど幸福じゃない、とか、幸福だけど幸せじゃない、とかいうふうに、類似品的な言葉を二つ並置させてみて、一つを肯定的に、一つを否定的に、繋げて語ってみると──言葉にしてみると、見えてくる風景が、ある。嫌だけど嫌いじゃないとか、満足しているけど充実していないとか、類語だけど類義語じゃない、とか……。
▼▼なんていうふうに、類似品の言葉を凸凹に並べてみて、あいだをするりと抜けるような想像を、あえてしてみせることによって、普段、こういった「類似」のあいだにある隙間を、通れていないことに、気づけたりする。普段気づけていない緻密さと繊細さだなと思えたりする。こんなところに、違いが、あるのだな──見出せるのだな、と、世界や意識を刷新できる。▼▼というふうに楽しんでいるかなと思った。好きな遊びだ。