理屈が足りない

▼▼けっこう嫌だな、なんか嫌だな、好きじゃないなー、とかなんとか思っているせいでぜんぜんやろうとしていないこと──サボってること──逃げてること、がいろいろあるけれど、ん、あ、そうか、なるほど、うーん、なら、やったほうがよいか、という、かっちり嵌まる理屈がうまく構築できたら──見つけ出すことができたら、そうかー、まあやるかー、よいよい、というふうに思えたりし始めることも(躰を動かす段階まで自律が進んでくれることも)あるので(あるなあ、って最近また思える出来事があったので)、やっぱり、ちゃんと納得できるだけの理屈を立てようとすること──理屈が立てられるような、情報や世界観、証拠、設定、などを探し出し、頭の中に落ち着かせようとする、という指針を、重要事項である判断しながら見つめておいたほうがよい──肝心要である、と思いながらいろいろ困ったり悩んだりしたほうがよい、ということを、今回、思った。改めて思った。
▼▼改めて思った、という言い回しは比較的よく使うけど、今回のは真っ当に、これまでも何回か思っているはずだけどすぐ忘れちゃってて、でもとにかくまた、ちゃんと思えるようにしておかねば! といった雰囲気の「改めて思った」なのであった。