プロの創作裏話は多少聞きやすい(のか)(存在している総数的に、発生しうる確率的に)

▼▼創作家に関する対談や質問、意見語りなんかを見聞きして、創作の背後や前提にある背景や文脈、意識や精神、理解や納得の話を聞くのは、だいぶ好きだ。▼▼好きな日記の書き手についても、同じように、書くことの思惑、書きながらの判断、といったものが当然あるはずだと思うのだけれど、それらを聞ける機会や聞ける場所って、プロのそれと比較すると、少ない気がするので、残念だなあ、と思った。▼▼思ったあとに、しかしむしろ、そのような思惑が書かれている場所こそが、日記、だったりするのでは、日記がそうなりうるのでは、とも思った(人と日記による)。