ポイントまとめメモ、製造閲覧

▼▼いいとこ取りして美味しいところ好みのところだけ食べようとする無節操さ、と、ポイントまとめメモの持ちうる素敵、ってことについて、比較思考を持ってみたけれど、ポイントまとめメモを製造するプロセスの有無について、と、ポイントまとめメモ自体が見せうるメリットについて、と、ポイントまとめメモを貰い受けてさっさと学ぼうとすることの是非について、は、ぜんぶ別問題か、と思い直した。
▼▼可能な限り見回して選別してる人、と、選別結果を貰って見る人、は、別だろう。
▼▼可能な限り見回して選別した、っていうプロセス/人に敬意を払う、対価を払う、というようなことについての話、も、また、別の話になるのかなー。


▼▼関連問題として、あるいは別件として、物事には「ポイント」がある、ということを当然視することの問題、っていうのもあるよねえ、って思った。
▼▼世の中の物事を「ポイント」っていう刃物で切りつけることの問題である。こここそがこの物事の持つ「本質」とか「要点」と言えるところであり、ここを、判りやすい姿で切り取ることは、よいことだ、と、無造作に言えてしまう目線の問題。
▼▼と同時に、物事の本質や要点、を、見出し、削り出してみせることが、じぶんには可能である、と素直に思えるような自覚ないし世界観の問題。
▼▼このあたりの枠組みを使って「ポイントまとめメモ」ってものを見やると、じぶんで製造してるならよい、作るというプロセスが介在してるならよい、製作者は問題ない、とかいう雰囲気でもなくなってきそうだしなー……、と思った。


▼▼人間生理は、自然体だと、油断してると、すぐに「ポイント」的なものを見出そうとしてしまう、ので、あえて──、というような話も絡んでくる、んだろう。