おしなべてモドキ

▼▼××モドキ、というような名称を付けられた動植物が時々いたりする。道具や料理なんかの名称として使われている事例はあんまり見ないかなあ。
▼▼モドキを付けるだけのネーミングは流石に粗雑すぎるだろ、サボりすぎだろ、なんて思ったりもしたのだけど、改めて考えてみたら、人間の認知機能というのは、すべて、未知の物事を既知の情報を使って「××モドキ」として認識しているんじゃないかな、って気もしたので、モドキ、というところに重心を置いて名付けようとしてみせるのって、むしろ正当なのでは、妥当なのでは、って気もした。