俺はまだ本気出してないだけ、が/も、自信

▼▼いわゆる「俺はまだ本気出してないだけ」というのも、自信、と言えるよなあ、とは思って、根拠のない自信、や、思い込み、勘違い、錯覚、あたりの言葉も関連で見回したのだけど、根っからの自信、というのは結局のところ根拠のないものなのである(……根があるのかないのか)、といった言説もあるじゃん、と思い、結果、混乱し、まあでもともあれ、自信としての種類や質の問題というのはどうでもよくて(如何なる形をしていようと、自信というパワーで発露しているならば、それは「自信」と言ってしまってよいのかも、と思えるところはあって)、なんというか、持っていた自信が崩れた時、挫けた時、の、対処法、対処の難しさ、に、違いがあるだけなのかな……、なんて思ったりもした。
▼▼根拠があるほうが崩れやすそうだけど立て直しも多少はやりやすそう、根拠がないと崩れにくいけど挫折した時の立て直しがしづらそう、と典型的なことも思った。まあでもこれも、根拠が妥当だったかどうか、勘違いや錯覚でなかったかどうか、によるか。あると思っていたものが無かったのと、少しズレていたのと、おおきくズレていたのと、代替や予備があるかどうかと、このへんで、再構築のやりかたも難易もおおきく変わってきてしまうだろう。
▼▼実際にやり遂げてきたことによって培われた自信、と比較しないと駄目な気はした。
▼▼堅固で強固な自信は欲しい。自信が幸せに繋がる雰囲気はかなりある。作りかたや持ちかたがあるなら知りたいとは思いがちだ。という欲があるせいで、このあたりについて気になって、考えていたところは、ある。