読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音読実験

▼▼文章を書く時の指南として「音読して読みやすいほうがよいよ」というのがあるかと思う。時々は聞く。
▼▼ほかの要素を排除し、要素還元的に、理論の実証実験を行いましょう、ということを試してみたくはなるので、実際に音読した時にとにかく滅法読みやすい、ということだけが具現化された文章、というものに向き合って試験してみたくはなるだけれど――読んで比べてみたくはなるのだけれど、音読する、というところだけが抜群に素敵で、あとはぜんぶ駄目な文章、というものが、出せなくて、困る。出会ったこともなくて困る。
▼▼音読した時の読みやすさやリズムやテンポだけは、ほんとうに快くて素晴らしいのだけれど、文意は取りづらいし、視点は陳腐だし、単語選びや言い回しも凡庸だし、段落構成もぐちゃぐちゃだし、論理は破綻してるし論旨は右往左往してるし、内容的には非常につまらない、というような文章である。こんなにもつまらない文章なのに、音声的にはなぜこんなに気持ちよいんだ? という文章を片手に実験したい、のであった。
▼▼実際のところ、出会ってても、気づいてなさそうなのも――音声的気持ちよさの「ほかをかばう性能が非常に高そうに思えるのも、困るところだし怖いところだ。