同じところで書き続ける、ことで、重くなる

▼▼同じ話を書くことを厭わないように、と決めつつ書いている。複数回遭遇する話なら複数回思うだけの切実さなどがあるのだろう、と思っているからだ。が、やはり若干は気になったりもする。接近するのに抵抗を──重さや鈍りを覚えることがある。
▼▼同じ人に同じ話をするのは避けたくなる、けど、別の人物に話すのなら避けようとは思いにくい。同じ話であっても、別の空間で話せば、また、素直に話せるようになる、と判断できる。▼▼日記やブログの場所を変える──以前の文章を消して白紙に、っていう行動の目的の一つに、こういう「リセット」効果を狙ったものがあるんだろう、と思ったのだった。この理路、この比喩で、判ったところがあった。
▼▼同じところで書き続けてると、少しずつ空間に重いところが増えてゆく──。
▼▼この「一回話した話題区域は少し重くなる」という空間を、日々築きながら、だからこそ言葉を置いていく、って行動にも、無論、意味を見出せるな、って思った。
▼▼重力場の隙間のようなものをうまく見つけていく空間把握に関する眼差し、話題の段階をうまく変えて調整することで既存の重力圏から逃れようとし、ノリと勢いで次の段階に進んじゃうような慣性と足捌き、あえて重い空気の中で動いてみせる工夫や手腕、というような比喩比較を思った。楽しそうだなって思った。