同じ話ばっかりしてる

▼▼同じ話ばっかりしてる……、という認識を時折持つ。じぶんにとっての頻出問題、そして、誰かにとっての頻出問題。関連、余談、紆余曲折、姿を変えながら、形を変えながら、まったく別のところの話にまで、混じってくる。遺伝子を交えてくる。繰り返し、違う側面を挙げながら、話してしまっている。日記などを初めとして連日言葉を連ねているなら尚更だろう。飽きるほど何度も書き、実際に、この話はもう飽きた、と感じて、書くのを避けるようになったとしても、また、いつか、書きたくなってきさえする。
▼▼という雰囲気もよい、って思った。▼▼そういうものがおのおのの中にあることは素敵なことだ、っていうのと、文章を書いていくことでそういうものが見えてくるあたりって楽しくてよいな、っていうのを、思った。
▼▼(前文をちゃんと用意せずに助詞の「も」を急に出してくる文章技法(読み手側に文脈を託す雰囲気? あるいは、文脈的まで読み取ってくれるであろうことに対する楽観? 期待? あるいは過信? ともすれば諦観かも)も、わりと好きだ、って思った)