思ったと思ってたけど思ってなかった

▼▼思考や感覚の訂正文ってよい、と思った。こう思ってると思ったが/こう感じてると思ったけど、改めて見直してみたら、思ってなかった/感じてなかった、むしろ実際はこう思っていた/こう感じていた、って言葉の並びが、好きだ。
▼▼思考や感覚の訂正文の記述を可能にする心理背景、を、妙に好んでるし信頼してる。
▼▼思考や感覚をのちのち訂正できるようなことが起こりうる、ってことに、救いやら歓びやらを見てるところもあるなー、とも思った。
▼▼現時点でのじぶんの心理に関する認識は、確定的なものではなく、のちのちになって別解が与えられるかもしれないし、しかも、別解に気づかせてくれるものが、世の中や心の中に、出現してくれたりもするのだ、っていう世界の在りかたに、歓びがある。
▼▼勘違い的な心理の修正が利くならまだ戦いようがある、頑張り甲斐がある、って雰囲気かな。毎回自己認識が確定的だったら困る……、って苦い顔してるだけかも。常に正確な自己認識が持てちゃう型でも、認識したら勘違いでも確定されちゃう型でも、困る。