おもしろいものを読むと、読み手の立場に立てる

▼▼読書、読解、の素敵な経験が、つまり読み手であることの幸せさが、読み手として動くことの実感を強調してくれて――言葉を読む、という動き自体にフォーカスを当て始めてくれて、読み手側の立場になって読む、というシミュレーションを行なう動機になることが(したくなるよう心動かされることが)、よくある。けっこうあるな、と思った。
▼▼まあつまり、おもしろいものを読むと「読み手の立場になって」という意識行動が起こしやすくなってるな、って思ったのだった。