重々しく薦める?軽々薦める?

▼▼抜群に素敵だったもの、を推薦してみせる癖、じゃないと、駄目そう?(わりと面白かった、まあまあ楽しかった、くらいのものを、軽々推薦してしまう癖があると、なんというか、信頼度や信用度が高まらなそう?)、と思っていることがあるのだけど、ここの信頼性や信用性を重視すること自体そもそもどうなの?と思うこともあって(ぼくが素晴らしいと思ったことがそんなに重要? それが人に的確に伝わることがそんなに肝心? ぼくの思う素晴らしさと相手の思う素晴らしさがそんなにシンクロするか? シンクロすることを期待することがそんなに大切か?とか思うこともあって)、でもまあ、素敵サイクルを回そうとするなら、というか、じぶんのセンスを信じることおよび世界をよくしようとすることを意識するなら、というか、よいものを回そう、よいものを拡げよう、といった雰囲気の中で世界を見たいと思うところがあるのならば、やっぱり、よいと思ったものについては「よい」と言ったほうがよいだろう、し、よさに関する精確さや厳密さを考えておくほうよいだろう、とは思える気も、まあ、するのではあった。