驚きを残し続けている

▼▼お、と驚いたことを書き残している。お、という瞬間を待っていることも多い。驚きの言葉ばっかり残してきた。ってふうに改めて意識してみたら、普段の中の──日常の中の、漫然とした、自然な、平凡な、見慣れて手慣れた言葉、と、何が違うんだろう、という疑問文が起動た。ごくごく普通の言葉を、書く、書き続ける、ってこととは、如何なる違いを出しうるのだろう、って思った。見比べてみたくなった。
▼▼が、見比べようと意識してしまったら、もう、見慣れた言葉は「見慣れた言葉」ではなくなっていた。背景を切り出したらすでにそれは背景ではなかった、というか。
▼▼うーん、書きたかったことの、言語化が、難しいな……。
▼▼驚きや新しさばかり書き続けてきたつもりなので、驚きや新しさではないものを意識してみたら、面白そうだ、って思えた。▼▼という眼差し自体が、驚きではないもののの中に、結局、驚きや新しさ、不自然さ、等から来る「輝き」を与えてしまうのも──結局は驚きや新しさの話にしてしまいそうになったのも、面白かった。▼▼なんていう二つの面白さが、矛盾、とまでは行かないにせよ、せめぎ合ってるのも、面白かった。
▼▼対比先を(待避先を?)見つけたことで、言葉の感触が蠢き始めるのが面白かった。