脳みそのウチソトを指標にして、具体抽象の色合いを決める

▼▼言葉の持つ具体性と抽象性の濃淡を調節することで、脳みその中と外を区切る線のようなものを操作できているんじゃないか、と思った。