定義散策日記、日記定義散策

▼▼日記が好きだ、的なことを適宜言いつつ、書いているのは随筆とか随想とかいうものになっている、というところの(随筆とか随想を「日記」と呼んでいいのかな、という疑問文が脳内に出てくることについての)、歩み寄り、折り合い、折衷案、譲歩策、間合いの調整、とかは、意識してみたら面白そうだな、って思った。こことここのあいだにはこういう言葉がありうるか、という切り口が基本的に楽しそうだった。
▼▼毎日書いてりゃ日記である、という境界線が、好き、とは言えるけれど、毎日書いてなくても別に日記だろ、というのも当たり前のように思う。日記を巧みに定義してみせてから定義に即した言葉を書けていれば満足なのかな、という問いもあるか。まあでも、定義まわりの線や隙間やをうろうろすることによって得られる着想というのがあるだろうと思うし、楽しいものだなとも思う。というような彷徨きがほんとうに好きだ、って話にはなりがちだ──という話にしがちである。定義の周囲をくるくる回る散歩や旅路、ってふうに言葉にすると、気持ちよい心象が浮かぶ雰囲気はある。