日記はどこから始まる?

▼▼頭の中を覗いて、昨日や今日──近況を振り返って、言葉にしようとし始めたら、もう日記は始まっている、というような風情がある。▼▼なんて意識があるせいで、日記に時間制限をかけよう、って思惑が毎回破綻し続けてきたのかもなー、とふと思った。
▼▼デスクに向き合ったところ/エディタを起動したところ、あたりから計測を開始するのがよいのだと思うけど──時間の削減を目指すならなおさらよいはずだろうって思えるのだけど、まあでもなんか、実際は、違和も少し残る。前述してみた意識との齟齬がほんのり出てきてしまって、うまく腑に落とせてないまま動くことになる。って違和が、意図せぬ抵抗になってた気がしたのだった。
▼▼日記の時間計測の話とは別の話題になっちゃう気がするけど──計測開始の起点をこのあたりに置いたりしたら意味判らなくなっちゃう気がするので別の話として語ったほうがよいと思うのだけど、記述において、最初の一文字目を置いたところ、最初の一単語を置いたところ、最初の一文を置いたところ、で、区切ろうとする目線、も、意識してしまうところがあるなあ、と思った。日記の始まり、って認識とは少し違うのだけど、なんかの始まりだ、と思っている──思いたがっているかと思う。