日記

▼▼世界を知覚した言葉を最近書いてないなー。実際の風景と出来事を描写していく型の言葉を記述してないと思った。変な空白期間が多少の苦手意識を呼んでいる気もする。改めて意識的に書かねば、とは思った。あれ楽しいから疎遠になるの困る。
▼▼語り口に生活感が無くても日記と名乗れるのは少し助かる。けど生活感が無いなら実際は日誌などで呼ぶべきなのかな? いや別に日記と日誌は対比的じゃないか……。
▼▼日記日記と騒がしいところはある。妙にはしゃいじゃうのだ。日記スゲエみたいな認識があるせいだろう。特別視も称賛も、ちやほやも、してる。経験則的と言えるかな。まああるいは物真似が癖付いているだけかなー。受け継いできた、つもりなのだ。日記だ日記だと呼びながら興味深い言葉回しを見せてくれた人達の雰囲気を、一人で、勝手に、継承したがっているところはあると思う。様々な人達が、日記に対し、無茶振りな野望を託していたのが──日記使いの荒さが、楽しかったのだ。アゴで使われている日記が、いつしか拡張されていく姿が、好きだった。変梃な日記観念になったとは、無論思うけど、でもまあ、そんなこんなで、日記を書きながら笑えてるところはある。