結果としての秘密感

▼▼素敵な言葉と出会うことができたら、素敵じゃん!と叫びたくなるような気分はやっぱりあって、でも、素敵な言葉が個人のウェブ日記上のものであった場合は、あんまり派手に世の中に知らしめるのもよくないのかも?(知られたいと思っていない可能性がまあまああるかも?)、ということについても考えてしまって、結果、自重してしまうことも多い──、というような、結果的な、自重、秘匿、範囲の狭さ、が、むしろ、こういう言葉の特性と言えたりもするのかな、と思った、というか、いわゆる「ぼくだけが知っている」というような、気持ちよさ、好きさ、に、構造的に、響いてきてくれるようなところがあって、そこがよいのでは? と思ったりはした(人様の日記で読ませてもらった素敵な言葉が、あんまり知られていない言葉であることを、時々再認識してしまい、違和というか不満というか、ああそうかあ、認知度低いんだっけ、と少し残念無念を思わされるような状態、が、思考の起点だった)。