日常にある性格的難点と、文章への混在

note.mu
▼▼毎日更新だと隠しきれないところが出てきてしまう、自然に滲み出てきてしまう、というのは面白いなあと思った。そして、ほんとうにそれあるなあ、って思った。ゆっくり書いていたら迂回路探すんだけどなー、というところが、書いているうちに、よく混じる。気づいていても、面倒になって、あるいは、まあよいか、と楽天的(脳天気)になって、そのままにしたりする。思考停止も当然あると思う。すでにこのあたりのことが、弱点を隠せてない、の範疇じゃないの?って気もしたけど、それはまあよい(よいか?)。
▼▼連日書いているせいか隠せてない気がするぞ、と自覚的に思ったのは、面白そうなもの(特にゲームと本)にはミーハー的にすぐ釣られるうえに、結局どうせ飽きる(飽き性)というところか、って思った。ガシガシ書いてると、日常の中に、ゲームと本に対するミーハー性と飽き性が、多すぎるんだよなー。勝手に混じってくる。アク取りしていくのは難しい。まあでも、アク取りに慣れるとまた世界が変わる、のかな(それが文章修行と言えるものの一つだろ、という気もする)。