何個かはあってよいし、大切な話なら、いっぱいあってもよさそう

▼▼その言葉、その文章、その言説やその議論、が、世界に一つあればよい、という判断は、別になくてよさそう(誰かがすでに書いているのを目撃したとしても、もうすでに言われてるし……、同じこと言ってるだけになるし……、パクリみたいになるし……、とか(とりあえず)思わなくてよい)。▼▼そしてこの話は、じぶんの言葉で書く/書かないとかいう話とは、別だ。