名付けられると正しさが薫ってしまう

▼▼一回名付けられちゃうと、なかなか消えない、消せない、というのがあるのだな、と改めて思った。意味合いとして不適切な(境界線や定義が曖昧になりすぎる変な言葉選びの)名前でも、気軽に改名できない。
▼▼制度とか規則とかを一回決めてしまうと消えにくいのに似ているな、とも思った。制度とか規則というのは「これが正しい」を呼び覚ます効能を持つから、一回名付けられたあとに呼び覚まされ続ける「これが正しい」を、ある瞬間、突然、途切れさせようとしても、難しい。難しいのだろう。叛逆するその瞬間だけは、正しさ、に逆らわないといけなくなるからだ。▼▼っていうのに、名付けというものが似る、っていうのは面白いな、と思う。名付けられると正しさが薫っちゃうんだろう。