無邪気→型という武器獲得

▼▼ある新しい分野に手を出した時、最初は勝手が判らず、当該分野内で共有されている区分のことなんかも知らずに、新鮮な手触りでなんでもかんでも触れてみたりするわけだけど、次第に詳しくなってきて、勝手を知り、区分を──型を──ジャンルを知り、そうして知ってしまうと今度は、区分や型やジャンルを手がかりに、次のものを、探すようになったりする。判断したりするようにもなる。好きや嫌いを決めるようにもなってくる。
▼▼という、無邪気な目線、実体験から得た理解、類型化、獲得した型を使った活動、という流れのことを、改めて、うーん、と唸ったり考えたりしていた。
▼▼まあしょうがないよなー、というか……、これが知性だし、というか……、そもそも駄目なものとして見ようぜ、ってことでもないか……、って思ったりして、でも、欠点として働くこともやっぱりあるし、というのも思った。▼▼型は武器になるだろうけど弱点にもなる。▼▼取扱注意!的な「下手な使いかたをしてしまうことによる危うさ」的な弱点もあれば、弱みも裏を返せば強みになるぜ!的な意味合いでの「強みだったものがある場面では弱みとして出てきてしまう……」ような弱点もあるだろう。