無意識足切り底上げ

▼▼だらだらっと、深く考えずに、軽快かつ軽薄な自然体で、というようなスタンスで、物事に、行為に、望んだ時に、それでもなんとなく働いてしまうハードル、無意識的な(いや結局意識的かなあ)足切りライン、を、もう少し上げてみせるのは、よいことでは、と、まあまあ考えてはいる。