妄想・反撃・物語

▼▼脳内で、妄想と言えるような雰囲気の中、じぶんやじぶんの属するところのものを活躍させて、満足する──気を晴らす、ということ、および、前述したような意識と無意識によって創られた物語、についての、可否、成否、是非、について、ぼんやり考えていたのだけれど、脳内会議がけっこう紛糾し、思いのほか賛否両論だったので、少し、論争を諦める雰囲気にはなった。
▼▼物語の構成要素として駄目だ──あってはならぬ、と短絡するような判断は、あまり好きじゃない気がしている。が、物語の背後に、そういった匂いがしたら、萎える、という気持ちも、判る、ような……(人様の妄想反撃物語を肯定する行為、の、是非、という問題意識もあるわけか、と思った)。