読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩む登場人物

雑談記 視聴記

▼▼物語内で人が悩んでる姿を見てて、お、妙に気分が落ち着いた、って思った。悩みを言語化している光景を眺めていて、悩みを言葉にする、ってやりかたを思い出せた、って雰囲気かなあ。ぼんやり漠然と、境界線も定義も明瞭にせぬまま、なんかヤだなー、って気落ちしてる以外の攻めかたもあったんだっけ……、って気がついた。
▼▼悩むのと考えるのは違うからね……! って格言や助言を知っていても、光や出口の見えない──問題の根本や面倒な解決策を見つめようとしない、視野狭窄、自縄自縛、に無意識に嵌まってたり、酔ってたり、時にはする。
▼▼登場人物が、軽く頭を抱えながら、あーあ、うーん、だってさー、しょうがないじゃん、どうしよっかなー、ってぶつくさ言ってる姿を見てるだけでも、問題意識が変質する契機になったりするのだな……、と改めて思ったのだった。▼▼言語化する時の切り口が趣味に合ってた、っておかげもありそうだとは思った。▼▼悩む、って単語を置くのに違和も覚えた。妙に暗い気分、程度だろう。まあ、妙に暗い気分を言語化して掘っていったら無意識的な悩みが源泉にあったよー、って話かとも思うので、同じことかもだが。anime-eupho.com
▼▼『響け!ユーフォニアム』を観てた。