読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見飽きるパターン見飽きないパターン

▼▼何回聞いても見かけても好きだと思える情景(シーン、パターン)もあれば、最初は新鮮で感動もしたのに何回も見たり聞いたりしてきたせいで「いやもうその段階の話はいいっすよ……」とか思ってしまう情景(シーン、パターン)もある。区別は不明だ。強度? 深度? によるのかなー。切り口が新しかっただけで、何度も見たらボロが見えてきた、隙が見えてきた、ツッコまれる姿を見かけたりもしてしまった、ので、最初の時ほど肩入れできなくなった、という雰囲気だろうか。
▼▼大切なもののために黙って犠牲になる、失うのが怖いので最初から愛さない、あたりのパターンは、何回見てきても好きな気がしていて、誰もぼくの気持ちを判ってくれないとか、諦めなないことが一番大切、とかは、最近あんまり好きじゃなくなってきたなー、と思えるパターンだ。
▼▼とはいえ、前者を粗く(テキトーに)描いているのを見たら、やめてー、って思いそうだし、後者については、粗く描かれることが多かったせいで辟易してしまった(粗く描かれがちな要素、性質、来歴があった)、ということも、まあ、ありそうだ。
▼▼関連している要素にもよるのかもなー。「愛」関連は好きだけど「真実」絡みは好きじゃない、「罪」は大切にしている要素だけど「生きるため」は重視していない要素だ、というようなこともあるかと思う。