皆の評価とじぶんの評価が違う感触の時

▼▼褒めてる人が多いように観測できるけどじぶんの評価とはズレてるなあ、って物事に対しては、皆が褒めてるところは理解できてると思うのだけどじぶんはあんまりそういうの好きじゃないのだよ、って思う型と、いやうーんこれって「普通によいね」くらいの出来じゃない? なんで皆がそんなに強く褒めてるのかちょっとわからないなあ、って思う型と、確かにすっごくよいのはわかる、出来が物凄くよいのはわかる、のに、なぜか乗り切れなくて壁を感じる、って思う型、があるなあ、と、三つに分けて整理してみた。
▼▼二つ目が最も嫌いだ。普通の品に見えちゃうのになんか皆褒めてる……! って状況が一番落ち着かなくなる。最も「勘違い」の可能性が高そうに思えるからかなー。じぶんが責任を感じちゃうような──のちのち評価を違えた時に「ぼくが見誤ってました!」と叫んじゃうような、認識ミスや判断ミス、が潜んでそうに思えるから、かな、と思った。