読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沢山のボードゲームで遊んだ(特筆するなら『キャッシュ・アンド・ガンズ』『レジスタンス・アヴァロン』『ふたつの街の物語』かな)

▼▼緑色ボードゲーム会(と、勝手に呼んでいる)を企画して遊んだ。今回はレンタル会議室を使った。以前に二回ほどルノアールの会議室を使ってみたのだけれど、若干、高額雰囲気が出てしまったため、価格帯を変えられないかなあ、と思いながら、改めて場を探したのだった。スペイシーというレンタル会議室サイトを活用した。▼▼いちおう緑色ボードゲーム会は三回目になるんだけど、一回目二回目は記録してないのだな。


▼▼以下が遊んだ順番である。記憶に怪しいところはある。けっこう沢山遊んだ。ぜんぶの感想を書くと長くなりそうなので端的に書ければよいかと思った。比較的人数が多い雰囲気だったので、出番の少なめだった多人数ゲームを持ち出した。
・『ナンジャモンジャ』
・『キャッシュ・アンド・ガンズ 第二版』
・『タイムボム』
・『テレストレーション』
・『私の世界の見方』
・『タイムボム』2回目
・『レジスタンス・アヴァロン』
・『ヴァンパイアクイーン』
・『ふたつの街の物語』


『ナンジャモンジャ』

▼▼初プレイ。カードをめくり続けて、変梃な絵柄のモンスターに名前をつけていく。一回名づけたモンスターが出たら名前を呼ぶ。早い者勝ち。ぜんぜん勝てないのだけど妙に楽しい。場が楽しい。絵柄の勝利、とは思う。素敵なモンスターたちだ。



『キャッシュ&ガンズ 第二版』

キャッシュ&ガンズ(第2版)(Cash'n Guns Second Edition)

キャッシュ&ガンズ(第2版)(Cash'n Guns Second Edition)

▼▼初プレイ。ギャングたちの戦利品の奪い合い。空砲五発と実弾三発で、銃を突きつけ合って、ハッタリを織り交ぜながら、相手を、戦利品の分配から「降りさせ」る。同梱のスポンジ銃が素敵だ。銃を突きつけ合っている光景が好きである。戦略性も悪くない。



『タイムボム』
sgrk.blog53.fc2.com
▼▼出番が非常に多い。ほんとうによいゲームだとさんざん思っている。スワット陣営とテロリスト陣営に分かれ、導火線を切っていく。五人だと、内二人は、テロリストになるので、導火線を切るチーム内に、二人、爆発する線を探している奴がいる。



『テレストレーション』

テレストレーション日本語版

テレストレーション日本語版

▼▼初プレイ。人数分のノートブックを、次々と隣の人に渡していって、絵と文字を交互に書いていく。伝言ゲーム。ディズニーランドっぽい絵が来て、ディズニーランドという文字を書き、宇宙船という文字が来たら、宇宙船っぽい絵を描く。大変笑った。素敵だ。



『私の世界の見方』

私の世界の見方/Urs Hostettler作

私の世界の見方/Urs Hostettler作

▼▼初プレイ。判りやすい大喜利ゲームだけど、回答も手札のカードで行なう。お題カード、回答カードの、センスのよさが、このゲームの決め手な気がする。どれも非常によい切り口だった。シュールな組み合わせが笑いを取れるかがメンツで変える印象。



『レジスタンス・アヴァロン』

レジスタンス:アヴァロン日本語版

レジスタンス:アヴァロン日本語版

▼▼初プレイ。けっこう初期から持っていたのに初プレイだった。後悔するくらいに面白かった。五人で遊んだのだけど、五人じゃ物足りないかな、って想像もしたのだけど、想像以上に楽しめた。脱落のない人狼と言われる。騙し合いも犯人捜しも楽しかった。



『ヴァンパイアクイーン』

Vampire Queen

Vampire Queen

▼▼二回目。前回はルールを間違っていたので、正式ルールでは初めて。大貧民/大富豪に似たルールなのだけど、場が二周目に入ってくれないのと、一番おおきいカードを出した人がその場の札をぜんぶ手札に回収、という瞬間が来るところが、異なる。よい。



『ふたつの街の物語』

ふたつの街の物語 完全日本語版

ふたつの街の物語 完全日本語版

▼▼左右のプレイヤーとのあいだに街を作っていく。左と右のプレイヤーのあいだになるので、じぶんが管理する街はふたつになる。毎回タイルが二つやってきて、それを、どう置くか、左右のプレイヤーと相談する。めっちゃよかった。またやろう。