最初は鷹揚に受け止める

▼▼まあとりあえずなんだってありでしょー、とでもいうような鷹揚な気分で、まずは認識を開始して、いやいや少しは制限しましょうよ……、好き嫌いなり善し悪しなりグラデーションがあるじゃないですか……、というふうに、改めて区画整理を始める、という順番で状況判断を進めていること、って多くて、こういう「初手としてはあんまり綿密にチェックせずに鷹揚に受け容めてみせる」→「全体をまず受け容れてからの、細部のチェック、による規制の開始」という流れによって、結果的に、許容範囲が広くなってくれているようだ、と思ったので、よいな、と思った。