短文に多少立ち戻る

▼▼最近文章が長めだ。短く切ろう、と思った。以前は不自然なくらいに切っていた。飛び石のように文章の繋がりを見つめることで、文章が持つ論理面を見通しやすく──理解しやすくしたかったのだ。論理を知りたかったからだ。で、論理の流れを見つめながら執筆することに少し慣れた頃、これからは切らないのも試してみようか、と思いついて、以後、長くなった。箍が外れたようだ。最近は無駄に長くなっている雰囲気もある。だらだらどろどろ繋がって出てくる思考を書き残そうとし始めると、同じように、だらだらと言葉を書きつけることが都合よかったりする。ラクだったりする。なんて状況が癖になってしまったんだろう。切り取って並び替える編集作業をサボり始めた。けどまあ、並びを編集することで非常に読みやすくなる、って場面も時折経験しているので、最近の無駄長文空気には活を入れたくなったのだった。せっかく頑張った論理目線ぐだってた。