満足回復ループ

▼▼人生は結局満足や充実が数多くあったほうがよさそうで、あんまり動かないようにしているよりは程よく動いたほうが満足や充実が得られがちでもあって、だから最近、このあたりのことを目標や基準にしがちになっている。最新の学び、という風情もあって、意識しがちだ。結果として、活発な行動の比率をもっと高めたほうがよいのではないか、と疑うことも増えている。▼▼というほうに寄りすぎてしまい、回復率が下がってしまう可能性を思って、あんまり偏りすぎるのはよくないか、という注意も思った。回復量が足りなくなってしまい、結果、満足や充実どころではなくなる、ということが、長期視点ではやはりありうるだろう、というツッコミのことを思ったのだった。▼▼ということについては、検討、考慮、しておいてよいはずだ、と落ち着かせた。まあでも、回復だけが人生じゃない、というふうにもなり、問題がループし始めるところは、ある。どこでループを止めるか、どうやってループを解決するか、という問いにも目を向けないとだ。