毎日書き続けることで日記について思い出しにくくなってきてる(別によい)

▼▼毎日日記を書いている。ということによって、日記に書いたこと、に関する記憶が着実に増え続けている。膨らみ続けているはずだろう。そのせいか──検索の対象となる情報量が増え続けてきたせいか、日記に書いたこと、を対象にした「記憶検索」の精度が少し落ちたんじゃないか、って気が、最近する。つまり、以前書いたっけこれ……、って迷う場面が増えている。
▼▼同じ話を書いてもよい、とは思っている。誰かが、じぶんの大切で切実なもの、繰り返し伝えたいこと、について、何度も語っているのは、好きだ。同じ話ばっかりされても飽きずに楽しく聞ける、と断言できるほどじゃないけど、好きは好きだ。二回思いついたなら、二回思いついただけの、切実さがある、というところが、好きだ。▼▼なので、この日記では、同じ話であっても切実に思いついたなら書くがよい、と決めている。
▼▼という雰囲気なので、記憶検索の精度落ちてるのは困ってないのだけど、日々日記を書き続けることによる情報量の増加によってこんなふうに思い出しにくくなるんだな、ということが判ったので、書いた。判ってなかった。結構未知だった。