今日も思い出

▼▼思い出話をするような時の、振り返りかた、切り口、雰囲気、情緒、言葉づかい、目線、といったものがかなり好きではあるので、今日のことを思い出話みたいに書く、っていうのもぜんぜんアリでしょうよ、と再認識した。


▼▼昔話や思い出話を取りまとめるように書いておいて、あとでそれを読み返すのは、ほんとうに楽しい。誰が読んでいるかも判らないまま独りでも文章を書く、個人的に書いた文章を読み返す、というような行動周辺において、最も楽しくて好きな事柄、って思っている気がする。というわけで、もっと書いたほうがよいなあ、って思った。自分史、個人史、回顧録。