ただし空気抵抗は無視できる者

▼▼ただし空気抵抗は無視できるものとする。
▼▼試験問題の注釈で見かけるような文言だけれど、文章書いてる時って基本的にこの意識調整を行なっているよなー、と思った。稀有な事例、些細な影響、特殊、のことは脇に置いて、基本、に寄りかかりながら頭を進めていく。▼▼言葉を使う、ということが、そもそもそういうものだ、かとも思った。曖昧な言葉、広範な定義、なんかを駆使して(断言感を諦めて)ふわふわ語ってみせたところで、覆える範囲は十全ではないし。