コツはどこだ

▼▼コツが掴めたー、と精髄なり全体なりが掌握できたことによる、性能の向上、脳内の挙動の変質、安心と気持ちよさ、等々って、わりと明白な経験があるので、新たな物事に挑戦するたびに、コツはどこだ……! と思いながら探してしまうところがある──のだけど、この認識型って場合によってはよくないのでは? と改めて思ったりもした。
▼▼コツばっかり探して視線が集中しなくなるせいで経験が粗くなることがありそう。わかりやすいコツがない分野もたぶんあるのでこういう分野だと探してる時間が無駄になるかも。コツが段階制になっているような分野であった場合、初期段階でのコツが掴めた段階で意識的あるいは無意識的に満足しちゃう可能性がある。とかかな。