言葉をよく見た誤用、と、言葉を見ないせいの誤用

▼▼言葉の見た目だけ素直に見てたら確かに勘違いしそうだ……、認識がズレてしまうほうに寄っていくのも判る……、なんて話は好きなのであって、だからつまり、誤用という出来事自体は別に嫌ってないのかも、とふと思った。
▼▼逆に言うと、言葉自体をきちんと見てたらこの誤用は起きなくない? 皆が粗雑に乱雑に使ってる言い回しに流されて──何も考えずに倣って、誤用しちゃってるのは、なんかこうどうなのよ、的に言える誤用型は嫌ってる気もする。
▼▼頭使ったせいで間違えるのと頭使ってないせいで間違える、に対する好き嫌い、の話か。▼▼頭使うのが好き、という嗜好があるので、基本がこうなるのは当然だと思うのだけど、ちゃんと頭使ってたなら許せるね、って気持ちを拡げすぎることに対する違和や忌避もある、なあ。だけどまあ、根底では結局こういう前提を拡げてる気もするし。
▼▼頭使ってる場合は許せる、って直結させるんじゃなくて、頭使ってるようだったら許せるポイント+10、とかの認識でよいのだろうけども、という発想も、あるはある。現状あまり繁殖させられてない苗木なので今後うまく植え替えていきたいところかな。