言葉おもしろいなー、って惚れ惚れしてる時、まあまあある

▼▼読んでいる時も書いている時も楽しいし、駆使することによって人様のことが多少は判ったりして頼もしいし、ほぼ毎日書いてもいるし、なので、言葉は好きで、特権化、神格化、しているところがあるかと思うのだけど、あんまりスゴイモノだー感を覚えていないほうがうまく使えるのではないか、素敵な結果を残せるんじゃないか、というところもだいぶあるかと思うので(変に思い入れたり惚れ込んだり心酔したりめろめろになっていたり拘ったりしていないほうが──静かで冷淡な距離感を維持させている人のほうが、華麗に扱えていたりすることがあるかと思うので)、スゲエ、コイツはスゲエやつだぜ、と胸中で呟いてしまう場面は少し減らしてもよいかな、とは、改めて思ったりした(という文章がすでにギリギリの風情である)。