校正役が引っ込んでいる

▼▼言葉が頭の中から、あるいは口腔内から、そして指の先から、出てくる。このときの思考というか検閲、の、強さや、やりかた、選別基準、などを、最近はころころと動かしながら文章を書いている。ためつすがめつしている。無軌道というか破天荒というか好き勝手みたいなことも結構やっている。乱雑さに依存してるだけな気もする。まあでも慣れてない言葉が出てきたりして楽しいし、嫌いな言葉が出てきたりして修正しようかなどうしようかなとりあえずよいかみたいな頭の動きになったりするのも楽しんでいる。
▼▼楽しんでるしまあよい、というのはあるけど、言葉のこういった遊びかたをしていると、あとでじぶんの言葉を読み返しながら修正していく――のが好き! っていう趣味嗜好の人格くんがいまいち活躍できなくて、出番がなくて、困る。困るっていうか少しすねてる感じが出ている気がする。最近ぜんぜん言葉の修正させてくれないじゃないですかー、って頭の中でぶつぶつ言ってる人格が発生する。
▼▼でもねえ、基準をころころ変えて書いているわけで、言語人格A~Gの七人がおのおの交代で文章を残しているふうのことになっているわけで、それを、言語人格A~G誰かを選んで統一的に剪定させたらなんか意味ない気がするし、しっちゃかめっちゃかにもほどがあるだろうし(しかし、。しっちゃかめっちゃかにもほどがある、で、むしろよいのでは……。さらに掻き回してしまえ、というのはアリな気がする)。いろんな種類のじぶんの言葉を通底した何かでぶった切る校正役Hがいてもよいけどねえ……。
▼▼最近、翌日に読み返してたら、直したいところ沢山出てきて、文章ぜんぶ書き直す羽目になって、うーん大変、でもめっちゃ楽しかったぜ……、みたいになってないことに気づいて、あ、なんか最近引っ込めてる思考人格がいるなあ、みたいなことを思ったのだった。