読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しくなさ、醜さ、罪深さ、以外の、目の逸らさせかた

一行日記 思考記

▼▼おのれの中に(じぶんでも)目を逸らしている部分があって、しかし、誠実に見つめたほうが何かとよいよー、というような切り口に関して、常識や道徳、世間体や見栄、美意識、といったものが邪魔をして無意識に目を逸らさせている、ということがあるようだ、なんてふうに思っているところがあるのだけど──つまり、じぶんの中に「正しくない」「醜い」「罪悪的な」ところがある時に、無意識に目を逸らす、ということがあると(経験的にも)思っているところがあるのだけど、じぶんの心を覆い隠すことがあるもの、って、こういう「価値判断的なもの」ばかりじゃない気もする、と、思ったりすることもあって、むしろそちらのほうが強敵なのでは、と、最近は思うことが多かったりもするのだった(人間の認識は因果関係という形式からは逃れにくいとかそのあたり)。