子供の頃の予感(正しさアヤシイ)

▼▼「正しさ」って、なんかアヤシイ雰囲気……、とは、こどもの頃から思っていて、ほんとうになかなかアヤシイものであるようだ(つまり、使いどころめっちゃムズイ)、と判る事例が、おとなになるにつれ増えてきたところもあるかと思うのだけど、あの頃に予感していたことや予想していたことが、やっぱり妥当だったのだ! なんてふうに気分が晴れたりは、してないな、って気づいた。